News最新情報

SUPERIOR CN HOOK カバーネコフックのセット方法

ENGINE SUPERIOR CN HOOK
カバー奥にいながらなかなか口を使わないビッグバスを狙うため、ネコリグでのカバー攻略を目的として開発したCNフック。形状がちょっと他にないフックなため、セット方法に悩むという相談を受けました。使いこなせればきっと釣果につながるCNフックでのカバーネコリグ、そのセットの仕方を写真で解説したいと思います。

CN0
①まずはワームに合うサイズのフックを用意します。ゲーリーカリフォルニアロールだと#1/0がベストマッチ。ワームの硬さにもよりますが、セットした後にワーム一本分くらいフトコロのところが空くのがベストマッチです。

2020071421074400
②ワームにはワッキーチューブを着けておくとフッキング性能もスナッグレス効果もアップします。熱収縮タイプのものは避けてしまうので、シリコンチューブが使いやすいです。刺しやすいようにチューブにあらかじめ円周の対角側へ2か所マジックでポイントを打っておくという手もあります。

CN1
③ワームに対しほぼ垂直に、ワッキーチューブごとフックを先端から刺します。チューブごとというのがポイントです。このチューブがワームのズレを防ぎ、フッキング効率を上げてくれます。

CN2
④フックのクランク部にあるワームズレ防止の黒い帯もそのまま刺していきます。ここ刺すときは少しだけ力が要ります。できるだけワームを壊さないほうがいいので、一気に刺してください。

CN4
⑤ワームズレ防止帯の前へ飛び出しているベロ部分が抜けたところでストップ。セットの前半はこれで完了です。

CN5
⑥次にフック幅のところへ、また垂直に近い角度でフックをポイントから刺していきます。この時、先に通したアイから帯の部分と平行になるように刺すと完成したとき姿勢が良くなります。

CN6
⑦ワームが直線になるように整えていきます。ワームが曲がっているとフォールの時にくるくる回ってしまったり、アクションがちゃんとできず釣果に影響します。

CN7
⑧フックポイントはワームに埋没させたままにするなど、しっかりと隠しておきます。スナッグレス効果を損なわないためにもここは重要です。同時にフッキングとのバランスにもなるので、自分のタックルや合わせ方に沿ったフックポイントの隠し方を見つけることは大切です。

CN8
⑨ワームズレ防止の黒いベロがしっかりワッキーチューブのともにワームを抑えています。これがフッキングの時に役立ちます。あとはネイルシンカーを入れて完成です。

2020/7/14