今日の小森嗣彦

TKK高滝オープントーナメント

TKK高滝オープントーナメント
TKK高滝オープントーナメント
今回はゲストで呼んでいただき、昨年の9月以来の高滝ダムでした。弱い雨のお陰でかなり釣れ釣れのトーナメントになるだろうなと思っていましたが、今日の高滝は私の予想をも軽く裏切る釣れっぷりでした。
私はTKKの皆様と朝食をいただいてから出船。釣りを始めたのが8:30頃でした。本湖の大場所や上流に入った選手はもうこの時点でリミットメイクしていた方もいたと思います。そんくらい釣れる人には釣れていました。パターンも、さまざまですが、おそらく本湖組は浅いフィーディングスポット、上流は比較的人が少な目だったので競争率も低かったかも知れません。
見ていると、本湖は希にいいサイズも混ざるものの、朝目のハードボトムで釣れる魚は少し痩せぎみで、回復系のドデカイのは上流だろうなと感じました。実際に上位三名は上流です。雨のタイミングもありますが、やはりいい魚は上ってました。ちなみに本湖のハードボトムではフットボールジグを使用。トレーラーは4インチグラブ、アクションはずる引きで2バイトでしたが、2本とも手元でハズれました。
その後も上流へはもう行かず、本湖の方が釣りやすいのでのんびり皆さんの釣りを見ながら会場付近に浮いていました。深めのフィーディングスポットなども攻めてみたり、中層も高滝では実績のあるスピンドライブで広範囲を探りましたがが、今日は反応はなし。10:00ごろに少し陽が射したタイミングで縦ストやシェイド系に狙いを変えてみました。そして桟橋付近で沈みロープにレッグワームのダウンショット(ナチュラルシャッド)を絡ませてステイ。2バイト目にキロフィシュをキャッチしました。残り時間はまだ2時間近くありましたが、その後はどの縦ストも混戦となってきたので私は上がりとさせていただきました。
お立ち台にも本湖縦スト狙いの方が入りました。
しかしキロフィシュを揃えただけではただの人とはすごい釣果です。これならもう少し釣らしてもらってもよかったかも知れません。上流はサイト気味な釣りから、本湖はシャローハードボトム、フィーディングシャロー、縦ストと色々なパターンがありましたが、大場所の少ない高滝ダムは独占的にできるスポットはまずありません。だからこそタイミングとリズムが重要な気がします。粘るのか動くのか、上るのかタイミングを合わせに行くのかなど、トーナメントにはこんな駆け引きの差が出たかもしれないですね。