今日の小森嗣彦

RevoSTUDIOUSのQ&A

RevoSTUDIOUSのQ&A
RevoSTUDIOUSのQ&A
間もなく発売となりますRevoSTUDIOUSですが、発売前によく質問をいただく、いくつかの点について解説をいたします。
まず、このRevoSTUDIOUSはRevoNEOSとは全く違うリールでNEOSシリーズではありません。兄弟分はRevoLTというリールになります。リールのサイズはワンサイズのみ、2000番相当です。2500番じゃなきゃヤダって方も一度試してみてください。6LB以下のフロロカーボンラインを使用する釣りならばじゅうぶん事足りますし、軽さは病み付きになります。
ギア比は6.2:1のハイギアで、ハンドル一巻きで約80cm巻き取れます。ハイギアの利点はルアーの回収が速くなる、ラインスラッグを素早くとれるため、アワセが決まりやすくなる、トラブルが軽減するなどです。
最大ドラグ力は1キロですが、スピニングタックルでこれ以上のドラグ使うことは、通常6LB以下のフロロカーボンラインを使う釣りではまずありません。このドラグ力を下げたことで微調整ができ、初期摩擦と普段の摩擦に差のないドラグになっています。もちろんフルロック状態にすれば1kg以上もセットできますが、ロッドが心配ですね。
それから、最も質問が多いドラグ音ですが、私は普段、ドラグが滑っている最中のカリカリという音を切っています。一人で釣りをしているときは。あの乾いた金属音はたまらなくイイのですが、トーナメント中などでは、他の選手にわざわざ釣れてることを知らせる必要がないため、それから僅かな抵抗値を下げるためにもチューニングして音を切っています。このリールでは当初、ドラグ音は初めからなくしてしまう予定でした。しかし、ドラグ音を鳴らないようにするチューニングは簡単にできるため、初めは鳴る状態での発売になります。
以上、色々と質問いただいたことの解説です。