今日の小森嗣彦

Reefmaster

Reefmaster
今回のプラからReefmasterというソフトをパソコンで使ってこんなマップを作成してみました。まだまだ Reefmasterは素人なので、ショア回りとかあまりきれいではないですが、これでかなり試合を効率よく戦うことができそうです。もちろんすぐ釣果につながるかはわかりませんが、具体的にはあえて言いませんが、色々とトーナメントを戦う上で利点があります。
Reefmasterの特徴はそれまで私が使っていたDr.Depthと違って等深線を色分けできたり、その等深線を(Dr.Depthは航跡でマップに落としていたのですが) Reefmasterでは 、とっても軽いat5ファイルで書き出せることです。航跡だとすぐメモリが重たくなってしまうので動作が悪くなったりします。
「マップ上のポイントを釣る」という発想は2007年に魚探を一新したときに思い付いたことで、当時は多くの人がコンソールにしかGPSプロッターを置いていなかったのですが、ダブルプロッターにダブルアンテナをセッティングし試合当日は魚探を切ってもインビジブルストラクチャーが打てる釣りは大きな武器となり 、2009年のシリーズ制覇に繋がりました。
魚探を制するものはトーナメントを制する。それはいつの時代も変わらないこととです。お陰でプリプラにはいくら時間があっても足りません。