【陸っぱり】フィールド別ガイド推奨タックル

オカッパリはSTUDIOUS STANDUPシリーズがお勧め!!

私の釣りの原点は野池でのオカッパリ。ボートにのってトーナメントやガイドをしてバスプロ生活をもう17年送っているが、仕事としての部分を除けば、オカッパリだから、ボートフィッシングだから、トーナメントだからと区別することなく、釣りは総じて楽しいものなのだ。もともとはそこに垣根はなく、一匹のバスに出会える喜びは子供の頃からなんら変わってはいない。

私のプロデュースしているSTUDIOUSシリーズはボートからのアプローチを前提にトーナメントに特化して考えられている。それでも全体的に汎用性が高く仕上がっているので、もちろんオカッパリにも流用可能なのだが、オカッパリ専用としては、もう少し飛距離が出せたり、いろんなルアーを扱えたりと求める点もないわけではないと考えていた。競技の釣りを言い換えればサーキットでのレース。サーキットを走る車と公道を走る車が一緒である必要はない。レーシングカーを公道に持ってきても、持て余してしまうのみならず、逆にマイナスな面もあるだろう。公道を走るなら燃費や安全性、スペースの広さや静音声などをレーシングカーよりも追求しなくてはならない。製品の良し悪しは使う環境で決まり、性求められる性能も環境で変わる。こうしたことを踏まえて考えると、トーナメントロッドのほうがクオリティーが高いというわけでもないのだ。それはコストパフォーマンスの面でも同様だが、かといって廉価版のロッドではやはりパフォーマンスは上がらないし、モチベーションも上がらないだろう。これらのことを念頭に置き、開発を進めてきたSTUDIOUS「STANDUP」シリーズだ。

Studious STANDUP FSNS-62ULS-SF

スピニングはダウンショット、ノーシンカー、ジグヘッド、ネコリグ、スプリットショットなど、あらゆるライトリグを全般に使用できるULアクション。バット部を少し太めに設計し、ロッドに急なテーパーをつけることで、60ULSⅡの性能を生かしたまま、より主導権をもって魚とやり取りができる。6フィート2インチのレングスは、感度を犠牲にせず、オカッパリで大事な遠投性能を実現し、リールシートもSTUDIOUSシリーズと同じ高感度設計のコルクグリップ+ショートフォアグリップを採用している。

Studious STANDUP FSNC-65M-SF

ベイトはミドルウエイトでの汎用性の高いMアクション。トップウオーターからミドルサイズのクランクベイト、スピナーベイト、ラバージグ、テキサスリグなど幅広い釣り方に対応できる。65M BEHAVIORと同じ長さだが、テーパーをレギュラー気味にし、タフな使用にも耐えられるようにダブルフットのガイドをトップに近いところまで配置するなど、あらゆるオカッパリシーンを想定して設計している。

ラインはPEとフロロカーボンラインを使い分ける

オカッパリでのラインセレクトはPEとフロロを使い分けている。特にスピニングタックルでは道糸にPEを使いリーダーをつける場合が多い。PEの方が単純に強いため、多少無理してやり取りができたり、あるいはアプローチしたいポイントに何か障害物があるときは心強い。ただしオープンウォーターで風が強いときはフロロカーボンのライトラインの方がボトムをとりやすいので使い分ける。ベイトに関しては主にフロロカーボンを使用している。
DSC_4476

主なタックルセレクト

 

スピニングタックル
ルアー・リグ ロッド リール ラインLB ルアー 備考
小型プラグ FSNS-62ULS-SF Revo MGX 3+~4.5 SHADING-X
ライトリグ全般 FSNC-65M-SF Revo MGX PE0.6~0.8号
3+~4.5
ライトリグ全般

 

ベイトタックル
ルアー・リグ ロッド リール ラインLB ルアー 備考
小型プラグ FSNC-63LS BFMGS
Revo ALC-BF7 8-10 シグレ オールマイティーな一本
中型プラグ ジグ FSNC-65M-SF Revo ALC-IB7 10-14 POP-X スピナーベイト フットボールジグ カバー狙いのとき
カバー撃ち FSNC-67MH MGS Revo LTX BF8 12-16 モコリークロー 一発狙うなら・・・
ビッグベイト FCY-69MH MGS Revo ALC-IB7 12-14 アイスライド セミパターン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>