Tackle guideエリア別使用タックルガイド

【霞水系】フィールド別ガイド推奨タックル

広大なエリアを攻略するには

霞ヶ浦水系でのトーナメントは個人的に相性が良い。私はこの水系が好きだ。目で見て釣れそうなポイントも多く、その中でも人工的なストラクチャー、自然のストラクチャーがバランスよく混ざっているところは釣り人の心を揺さぶる。魚探をかければ適度な間隔でハードボトムやオダなどのインビジブルストラクチャーも見つかるし、鋭いブレイクの浚渫跡もある。しかしマッディウォーターがゆえにサイトフィッシングがほとんど通じず、魚の動きがイメージでしか追えない。そしてとにかくこの水系はエリアが広い。まずはどのポイントがいいのか、それからどのパターンが生きているのか、様々なロケーションにあわせて素早く魚を探さなくてはならに。そのため手返し重視のタックルセレクトになっている。

主なタックルセレクト

ベイトタックル
ルアー・リグ ロッド リール ライン ルアー 備考
シャロークランク
ミノー
トップウォーター
Fantasista
STUDIOUS
FSC-65ML
SHALLOW
CRANKKING
(開発中)
Revo LV7
ZPI
G7 トーナメントジーン
10
ナックルLD Jr.
POP-X
ワンテンJr.
DeepX-100
使用頻度が多い
スピナーベイト
バズベイト
メタルバイブ
Fantasista
STUDIOUS
FSNS-65M MGS
BEHAVIOUR
Revo LV7
ZPI
G7 トーナメントジーン
12
ゲーリーバズ
V9スピナーベイト
ブレーディングX
 足際。ドシャロー
ミドルクランク
巻きラバ
フットボール
Fantasista
STUDIOUS
FSNS-65M MGS
BEHAVIOUR
Revo LV7
ZPI
G7 トーナメントジーン
12
Deep-X200
フットボール3/8oz
 BEHAVIOUR率高し
テキサスリグ
ヘビダン
Fantasista
STUDIOUS
SNS-67MH MGS
FRONTIER
Revo LTXBF8
ZPI
G7 トーナメントジーン
14
モコリークロー
パワーホグ3
クリーチャー
 葦撃ち
ノーシンカー
カバーネコ
Fantasista
STUDIOUS
FSNS-65M MGS
BEHAVIOUR
Revo LTXBF8
ZPI
G7 トーナメントジーン
12
ファットヤマセンコー どこでも釣れる
ダウンショット Fantasista
STUDIOUS
FSNS-65M MGS
BEHAVIOUR
Revo LTXBF8
ZPI
G7 トーナメントジーン
10
5gレッグワーム2.9  杭、テトラ、オダ
ベイトフィネス Fantasista
STUDIOUS
FNSC-69LSBF MGS
NINE
Revo LTXBF8
ZPI
G7 トーナメントジーン
7
0.8gカットテール3.5
レッグワーム
スモラバ
 キャスト重視のベイトフィネス
ベイトフィネス Fantasista
STUDIOUS
FNSC-63LSBF MGS
THREE
Revo LTXBF8
ZPI
G7 トーナメントジーン
7
0.8gカットテール4
レッグワーム
 ハンドランディングではこちら
スピニングタックル
ルアー・リグ ロッド リール ライン ルアー 備考
スプリットショット Fantasista
STUDIOUS
FNS-60ULSⅢ
Consequence
RevoMGX
STUDIOUS sp.
※1
G7 ストラテジックフィネス
3.5
シュリンプ3
レッグワーム
1.6g
ショートリーダーライトキャロ
小型プラグ Fantasista
STUDIOUS
FSNS-62LS MGS
SATORI
RevoMGX
STUDIOUS sp.
※1
G7 ストラテジックフィネス
4
SHADING-X
シャッドラップ5
春先と晩秋
ジグヘッド Fantasista
STUDIOUS
FNS-60ULSⅢ
Consequence
RevoMGX
STUDIOUS sp.
※1
G7 ストラテジックフィネス
3.5
1/16oz
4インチグラブ
2016しろーと5!!
ネコリグ Fantasista
STUDIOUS
FNS-60ULSⅢ
Consequence
RevoMGX
STUDIOUS sp.
※1
G7 ストラテジックフィネス
3.5
カットテール4 ほぼノーシンカー
ダウンショット Fantasista
STUDIOUS
FNS-60ULSⅢ
Consequence
RevoMGX
STUDIOUS sp.
※1
G7 ストラテジックフィネス
3.5
レッグワーム ストレクチャー、ハードボトムで

※1 AbuワークススプールSTUDIOUS

2013/12/23