小森ノート

TOP50最終戦

運命の最終戦

4度目のA.O.Y.奪取にむけて戦ってきた2016年シリーズ。最終戦は昨年同様、北浦で行われた。ここまで年間優勝争いに加わり続けないとわからない世界がある。期待、不安、緊張感、そして一匹一匹の喜び。人生をかけて戦っているからこそ、この大一番に、まさにトーナメントというものの集大成があるかのように思える。トップを走る北選手との差は僅かではない。私の順位は3位。しかしトーナメントは何があるかわからない。あきらめなければ何かがある。そう信じてプラクティスを行った。
DSC_4175

 

度重なるトラブル

プリプラクティスは順調といえば順調だった。10月にはいってはいるものの、若干夏の要素を残しており、バスはかなり浮いている。水位が減り傾向なのでショアラインには少なく、沖のストラクチャーで横アクションの釣りに反応が良かった。しかし、500gくらいのキーパーが多く、数は釣れるがサイズアップには少し苦しんだ。そんなプラクティスの途中、エンジンのトリムモーターが故障するというトラブルに見舞われた。
DSC_4057

いざというときのためにスペアエンジンを用意していることもあったが、今は壊れたエンジンからパーツ取りしたスペアパーツをたくさん持っている。幸いトリムモーターもそこにあり、プロショップK’sのボートファクトリーがすばやく対応してくださり、すぐにプラクティスに復帰できた。しかしトラブルは重なるもので、プリプラ最終日に再びエンジントラブルが発生。今度は走行中に突然エンジンストップしてしまった。

最悪の事態を考えた。仮に焼きついてしまっていた場合、もうエンジンを載せかえるしか試合に間に合う方法はない。国内に新品、中古問わず在庫がなければ、試合で借りれるボートを探さなくてはならない。それよりもまずは故障の箇所を調べなくてはならない。不幸中の幸いとはまさにこのことか、故障箇所はコンプレッサーというパーツで、これも旧オプティマックス225のスペアパーツを持っていて、これが使えた。オフリミットの間はオールスターのプリプラクティスに当てる予定だったの、そこでテスト走行もでき、試合に向けて不安は解消された。何より試合中でなくて良かった。
DSC_4087

 

直前プラクティス

プリプラから10日間たった直前のプラクティス。状況はさほどプリプラと変わっていなかった。杭などの縦ストラクチャーにはチャターベイト、浅いリップラップにはPOPX、ブレイクにはジグヘッドグラブとクランクベイト。それからテキサスリグ。タックルはこれがメインだった。 POPXには明らかなキッカーフィッシュがでていた。秋は水位が変動しやすいので、風向きと併せて考慮しプランを組んだ。DSC_4181

DSC_4178

 

トーナメントの展

初日が山田ワンドから入った。多くの選手とバッティングすることも考え、ここは巻物だけで手早くチェックしていく。そこでチャターベイトで2本を朝一にキャッチ。その後、矢幡ワンドでもチャターで1本追加。そこから湖をどんどん下っていき、初日は何とかリミットメイクできた。ウエイトは3306g、14位でのスタートとなった。この時点で北選手が上にいた。しかし勝負はこれからと気合を入れなおす。まだ優勝も狙える位置だし、敵がプレッシャーに感じるのはこれからだろう。

2日目はスタートが悪かったので山田ワンドへはいかず、先にジグヘッドで数を釣った。3本が早い段階で取れたため展開が楽になり、勝負に駆ける。午後水温が上がるタイミングでシャローのアシをテキサスリグで撃ち、1600gと1000gをキャッチし、トータル4470g。予選は通過した。しかし年間を考えると少し厳しい順位だった。予選のウエイトは私が7776gで8位。北選手6056g14位、五十嵐選手5792g17位。明日私がトータルで優勝がそれに順ずるウエイトを出し、北選手、五十嵐選手が順位を大きく下げた場合だけ私にもタイトルの可能性が残される。

最終日は勝負した。もはやリミットメイクでは順位をあげられない。初日の後半に水温が上がるタイミングで入ったアシだったが、バスが残っていることを期待し朝から攻めた。1000gを超えるバスが予選でキャッチできたのはアシだけ。この戦略しか残されていなかった。外しても後悔はない。案の定バスは早い時間には入ってきておらず、いてもバイトが浅くミスが何度かあった。1匹目のバスをキャッチしたのはもう終了間際。この大会は10位でフィニッシュ。4度目のタイトルは来年以降へ持ち越しとなってしまった。
1477454405719
応援してくださった皆様、スポンサー企業の皆様、関係者の皆様、ありごとうございました。

タックルの紹介

<ポッパー、クランクベイト用>
ロッド:Fantasista FC-65ML MGS
リール:Revo LT6 NRC933M
ライン:G7トーナメントジーン10LB
ルアー:POP-X 、ナックルLDJr.
DSC_4187

<チャターベイト用>
ロッド:Fantasista STUDIOUS FSNC-65M MGS Behavior
リール:Revo LT NRC933M
ライン:G7トーナメントジーン12LB
ルアー:チャターベイト
DSC_4186

<ジグヘッドグラブ用>
ロッド:Fantasista STUDIOUS FNS-60ULSⅢ(プロト)
リール:Revo MGX
ライン:G7ストラテジックフィネス3+LB
ルアー:ゲーリー4インチグラブなど
DSC_4189

<テキサスト用>
ロッド:Fantasista STUDIOUS FSNC-67MH MGS FRONTIER
リール:Revo LTX BFC930PRO
ライン:G7トーナメントジーン12LB
ルアー:テキサスリグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>