今日の小森嗣彦

大崩落

ピンチ過ぎて写真を撮る余裕すらありません。亀山ダムでの出来事ですが、釣りをしていたポイントの対岸の岩盤がバス1台分ほど崩落しました。崩落の危険があるので、ロープの張ってあるところでした。
前触れはありました。パラパラと天気もよく、風もないのに今日はよく小石が落ちてるなぁと。地震かな?と途中で地震情報をチェックしたくらいです。
大崩落はそんな状態が一時間程続いたあとに起こりました。初めから見ていたわけではありませんが、何が起きたかはすぐ音で理解できました。轟音と土煙の中、瞬時に波が起こる事が頭に浮かび、エレキ全速で現場を離れました。すぐさま崩落現場に大きなうねりがみえ、波高2mくらいの波が迫ってきました。もう若干(転覆する)覚悟を決めたのでライジャケがちゃんと止まってるかを再度チェックしたくらいです。被害を最大に食い止めるためにはどの角度で波に当たろうか、船を回しました。
幸い少し離れられたお陰で私たちも他の方々も大丈夫でしたが、ショアラインは葦がなぎ倒され。ド茶濁りになっていました。ほんと、かなり怖かったです。
房総半島の岩盤は砂岩なので崩れやすいです。危ないので直下での釣りはロープなどで規制されていますが、崖は崩れてくるものだと認識をしっかりもっておくべきだと改めて思いました。
またどれだけ気を付けていても、崩落が大きいと転覆するレベルの波が起こらないこともないです。今日は湖上でライジャケを着けてない方が何人かおられましたが、このような様々な不測の事態も発生しますので、必ず着用をお願いいたします。