今日の小森嗣彦

冬期亀山ガイドスタート

冬期亀山ガイドスタート
冬期亀山ガイドスタート
先日初回放送の釣りビジョンVictoryTrailは先週の亀山ダムでした。撮影初日は様々な要素が絡み合って苦戦しました。厳しい状況から、昨年2月に好調だったスモラバのパターンを追いすぎたのも一つの要因。しかしあの釣り方は今年もこれからくるはずです。
もう一つの要素、シャローに残る魚、これも惑わされる原因でしたが、ここ数日の冷え込みと風、昨日の冷たい雨で今日はきっぱり諦めてディープに絞ることができました。湖の状態もよく、バイトはたくさんありました。
風が強くなるという予報でしたが、午前中はひんやりとした曇りでした。しかし午後は爆風とともに不安定な空になり、終了前には雨と雪が混じって降りました。明日は晴れるようなので、朝の冷え込みで路面が凍結しそうです。亀山ダムに向かわれる方は十分に注意して下さい。
12月の亀山ダムでのディープの特徴は、まず体力や餌の場所によって落方に群れ差があり、レンジがまちまち。それから急激なコンディションの変化でバイトが浅くバレやすい。まだ小さい魚が口を使うので小バスのショートバイトが多いというのが挙げられます。
対策は口を使いやすいバスを狙うのか、居る魚を食わせるのかという戦略的なことと、ショートバイトに対しては、フックポイントが後ろにくるオフセットフックやジグヘッドを使ったリグにする、カラーをベイトにアジャストさせるか、シルエットの強いものを使う等の対策があります。
1月になればバイトは少なくなりますが、意外とフッキングがスマートに決まるようになるし、レンジも一番安定したレンジが見えてくるので、狙いどころは決まってきます。
12月の予定は埋まってしまいましたが、ガイドは1月も行います。諸々の予定が決まり次第、日程をアップいたします。来てくださったゲスト様にできるだけ多くのポイントを紹介したいので、平日中心になりますが、皆様のお越しをお待ちしております。