今日の小森嗣彦

修理

修理
修理
修理
徳島までバスボートのエンジンを修理にきました。明日から韓国に行くため、今日しか時間がなく、日帰りの突貫作業です。
テンショナーの交換で済むと思っていたのですが、テンショナーをとめるボルトについたロックナットがとれなくてずいぶん手間取ってしまいました。
擦りきれたプーリーを新品と比較。こんなんになってました。プーリーは手でまわせないほどロックしていました。初期のトラブルはどこから発生したのか気になるとこです。
バスボートオーナーのみなさん、テンショナーのボルトチェックやプーリーのボルトなんかしませんよね?しても一年起きでだと思います。しかしこんなとこも壊れる可能性があるわけです。レアケースですが、こまめなチェックで大きな故障は防げることだと改めて思いました。
オフリミット期間中なので試走できないのが不安ですが、試合直前にやるよりは安心です。修理は完了、軽く空焚きしてアイドリングも電圧も安定。ひとつ気が楽になりました。