今日の小森嗣彦

仔猫登場

仔猫登場
仔猫登場
仔猫登場
霞ヶ浦でプラをしていたら、湖岸を走る軽トラから何かが投げ捨てられました。黒く自転車くらいの何かで、一瞬「人?」とさえ思えたくらいです。
すぐさま土手下から犬が現れ、それに向かって吠え続けていたので、本当に人が捨てられたのかと思い、ボートを接岸し近づいてみると、それは大き目の布団で、その下には生後間もない仔猫が隠れていました。つまり軽トラからこの仔猫は布団にくるまった状態で投げ捨てられたのです。たとえ犬が殺さなくても霞ヶ浦の土手では数分以内にトビかカラスがさらっていくと思います
釣り人、しかも食べるためではなくゲームフィッシャーマンという立場で、生き物がかわいそうとか、そんな人間的で感情的で偉そうなことを言うのはどうかと思い、今まで書いたことがありませんが、命に対してリスペクトはしているつもりです。
事情はともあれ、こんなかわいい生き物を投げ捨てることができますかね?かわいそうすぎますよね?そう言ってるのは、ただ私が猫好きなだけだったりするかも知れませんが…。
さて仔猫ちゃん、Twitterや、facebookでたくさんの方がコメントくださいました。ご心配やアドバイス、ありがとうございました。彼は琵琶湖の某プロに虎柄と軽トラから出てきたのをかけてつけられたケイトラという仮の名前と共に、今日は半日バスボートにのって旅をしました。バスボートで霞ヶ浦を半周した猫は知っている限り他にはそういないと思います。その後は仔猫と私のプラクティスを案じ、わざわざ千葉から来てくださった岡和田夫妻に引き取られ、動物病院経由で里親のところへいくことになりました。
そんなこんなで、私は岡和田夫妻の心配通り全くプラクティスに集中できない(猫がかわいすぎて)1日でした。その様子…はThe Practice2というDVDで年内に公開予定です。
バイバイ、ケイトラ。