今日の小森嗣彦

亀山取材

今年は調子が悪い。その理由や原因はようやく見えてきました。一昨年も分かったことと、何だったんだろう?と思うことがありましたが、これは決してメンタルや技術的な話ではなく、なるほど、と思えることで、このまま低調を続けていれば来年は復活する仕組みでもあるかも知れません。詳しくは書きませんが、このまま低調など続ける気はないので次戦までに必ず復活します。
さて今日は亀山ダムでロッドアンドリールさんの取材。亀山ダムは8月は好調だったようですが、先週半ばからバスが夏休みのようで、少し厳しいコンデションでした。
レッグワームのダウンショットとバスミノー3のノーシンカートゥイッチ、サイトではアオキ虫などでボチボチまぁ今日なら満足?の釣果。詳しくはロドリの今月号をご覧ください。
亀山で感じたことですが、8月上旬にハードルアー縛りで行ったときに、立ち木にクランクベイトを投げると、必ずと言っていいくらい捨てられた釣糸が絡まって、丁寧にやらなければ釣りにならないくらいでした。しかし今日、前回そうだった立ち木にも含めて、あまりそういったことがありませんでした。減水が進んだわりに糸も見えません。聞けば結構回収してきたお客さんがいたとか…。
よく亀山の釣り人はマナーが悪い人が多い、などという話を聞きますが、そういう方がいたとしたら、極端に目につき、記憶に残るだけで、目につかないが、とてもマナーのいい釣り人もかなり多いんですよ。きっと他の釣り場も同じだと思いますが、自分はそんな亀山のアングラーであることが誇りです。
釣糸のなくなった立ち木には、季節が進行してバスがいなくなっていましたが、今日はクランクベイトがよく通りました。このままなら来年の夏はクランク炸裂です(笑)