今日の小森嗣彦

オールスタークラシック閉幕

オールスタークラシック閉幕
オールスタークラシック閉幕
オールスタークラシック閉幕
台風による日程順延というアクシデントもありましたが、本当にたくさんのギャラリーの方々に集まっていただき、選手としては最高に幸せなトーナメントでした。
実は先週の火曜日あたりまでは、十分なプラクティスができず焦っていました。北浦、霞ヶ浦を一周して途方に暮れていました。季節の過渡期ということもあり、冬に向けての場所以外は見つけても消えてしまう可能性があます。11月半ばからよく釣れていた利根川のテトラというベタなパターンだけではバッティングは必至、戦える要素がありませんでした。支流は釣れていたのですが、他のエリアの魚がでかいので、ウエイトで勝負になりません。行き当たりばったりの思い出巡り的なゲームプランしかつくれずにいました。
ところが、直前の木曜日、少しヒントを見つけました。バッティング必至のテトラですが、今年は水がキレイなため、2.5m〜3.5mの普段よりかなり深いところでバイトがとれたのです。しかも魚がデカイ。写真はプラクティスでの魚です。
リミット達成し7キロ近くいきました。バックアップに同じレンジのオダやハードボトムでもバイトをとることができ、バッティングしても差が出せると自信をもって試合に挑めました。
しかし…試合はいろんな要素があり、プラン通りいかないことや、プランそのものの綻びがあったりします。初日は動きも他の選手の後手後手になってしまい、結局プラクティスで見つけたヒントをいかせないままでした。(もちろんそのパターンは釣れていました。)
二日目は前に出よう、攻めていこうと動きました。逆転1位を狙わなきゃ夢がないですからね。しかし、なぜかバスが小型化。ノンキーパーまで釣れました。しかし、ウエイトは初日を越えることができませんでしたが、ゲームとしては徐々に噛み合っていってるような気がしました。我慢して頑張ってチャンスを掴みかけていく、そんな試合でした。
今回の試合の様子はDVDになりますので、ぜひ来月号のBasserとあわせてご覧ください。
残念ながら結果は最後の最後まで今年を象徴するような中途半端な順位となってしまいました。来シーズンはこんなことにならないよう、モチベーションをしっかり高めて頑張りたいと思います。来年も応援よろしくお願いします。
長い長い2013年シーズンがようやく終わり、さすがに疲れがたまっているのか、今日は朝から頭が重たくて仕方ありません。誤打ち、脱字だらけの乱雑な文章になっていたらすいません。